ビッグコミックスピリッツ

ビッグコミックスピリッツ

「アフロ田中」シリーズが連載されていたのはビッグコミックスピリッツという漫画雑誌でした。青年向けの漫画雑誌で、「20世紀少年」「昴」「あすなろ白書」「東京大学物語」「YAWARA!」「めぞん一刻」「東京ラブストーリー」など、数々の名作漫画がこの雑誌から生み出されてきました。また、現在何かと話題の「美味しんぼ」や、若者に人気の「アイアム ア ヒーロー」など、注目作も多数掲載されています。

ビッグコミックスピリッツについて

「ビッグコミックスピリッツ」は、小学館が発行する週刊の青年漫画雑誌です。創刊は1980年10月で、創刊編集長は現在小学館の副社長を務めている白井勝也でした。創刊当初は月刊でしたが、1981年6月から15日と30日の月2回発売になりまし、1986年4月から週刊となりました。発売は毎週月曜日で、約30万部発行しています。現在の編集長は村山広です。表紙は1985年から佐久間良一による、果物や野菜を擬人化したイラストでしたが、2002年以降はアイドルや女優などのグラビアが使用されています。いわゆる水着グラビアは控えめに抑えています。時折B2サイズのピンナップが付くこともあります。青年向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないですが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、紫門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品が多いです。漫画家の呼称を「先生」ではなく「氏」に統一し、単行本も完結していない作品は「巻」ではなく「集」表記に統一しているのも特徴の一つです。しかし、編集者により見解の相違があり、完結の有無を問わず「集」表記にする場合があったり、少年サンデーコミックスやヤングサンデーコミックスなど通常は「巻」表記であるコミックスも「集」表記にする場合があるなど、一定の基準は存在していないようです。装丁・デザインは長らく他の小学館の漫画雑誌と道央にベイブリッジ・スタジオが担当していたのですが、2003年以降は全体的にロケット・ボムによるものに変更され、さらに2008年41号以降はZASSOによるものに変更されました。また、漫画家がコズフィッシュなど他のデザイナーを指定することもあります。2008年9月より、同じく小学館が発行していた漫画雑誌「週刊ヤングサンデー」の休刊に伴い、同誌から連載漫画のおよそ半分が移籍しました。それに合わせて、新装刊を行い、タイトルロゴも一新しました。新装刊当初はグラビアを減らす方針をとり、2010年までは連載作品が全面的に表紙を飾るときもありました。新装刊前後の2008年9月から2009年1月にかけて、既存誌に移籍しなかった「週刊ヤングサンデー」連載作品を中心にした増刊「ビッグコミックスピリッツ増刊 YSスペシャル」を玄関発売しています。2009年8月には後継として「月刊!スピリッツ」が創刊されています。

主な連載中の作品

通常連載

  • 「気まぐれコンセプト」・・・1981年から連載しているホイチョイ・プロダクションズ(作・馬場康夫、画・松田充信)作の4コマ漫画。連載開始から現在まで一度も休載していない最長連載作品。広告業界で働く主人公の日常を時事ネタを盛り込みながら描いている。
  • 「美味しんぼ」・・・1983年連載開始。原作は雁屋哲、作画は花咲アキラが担当。東西新聞文化部社員の山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開されている。現在は一時休載中。
  • 「じみへん」・・・1989年連載開始の中崎タツヤによる15コマ漫画。毎回様々な登場人物が、ありそうでないようなじみ~に変な笑いが15コマのなかに織り交ぜている。
  • 「団地ともお」・・・小田扉による2003年連載開始の漫画。架空の団地「枝島団地」とその周辺地域を舞台とした物語。2013年4月より、NHK総合にてテレビアニメが放送中。
  • 「闇金ウシジマくん」・・・真鍋昌平による漫画。2004年に連載開始。10日5割の超暴利闇金融「カウカウファイナンス」の営業者・丑嶋馨の日常と、そこに訪れる客や関係者の人間関係を描いている。テレビドラマ化、映画化もされた作品。
  • 「土竜(モグラ)の唄」・・・2005年に週刊ヤングサンデーで連載開始し、2008年にスピリッツに移籍した高橋のぼるの漫画。交番勤務で警察の問題児として知られる主人公が、暴力団の会長を逮捕するためモグラ(潜入捜査官)となる姿を描く。実写映画化もされた。
  • 「アイアム ア ヒーロー」・・・2009年に連載開始した花沢健吾によるホラー漫画。謎の感染病によって食人鬼と化した人々が、平凡な日常を破壊していく中、主人公が生き抜いていくさまを描いている。
  • 「オーミ先生の微熱」・・・2010年に連載開始した河内遙の漫画。初恋を引きずったまま母校に赴任した新任教師の奮闘を描いた作品。現在は長期休載中。
  • 「あさひなぐ」・・・こざき亜衣による青春漫画。2011年より連載開始。高校生の部活動としてはマイナーな部類である薙刀を題材にしている。
  • 「るみちゃんの事象」・・・2011年に連載開始した原克玄による漫画。趣味・特技は脱臼、好きな男子のタイプは「ようすけ全般」と答える不思議女子高生・郁野るみが繰り広げる日常を面白可笑しく描いたギャグ漫画。
  • 「DRAGON JAM」・・・藤井五成による漫画。2011年に「月刊!スピリッツ」から移籍した。中卒でフリーターの主人公がストリートバスケットで活躍していくさまを描いた青春漫画。
  • 「週刊事件予報」・・・目次ページ掲載の1コマ漫画で、複数の漫画家が週替わりで担当する。2011年にスタートした。
  • 「おかゆネコ」・・・2012年に連載開始した吉田戦車による漫画。サラリーマンの主人公が両親から預かったネコは、なぜか人語を解する猫だった・・・。ペット×グルメの新ジャンル漫画。
  • 「花もて語れ」・・・2012年に「月刊!スピリッツ」より移籍した片山ユキヲによる漫画。新社会人として上京した主人公が、偶然朗読教室と出会い、徐々に魅力を目覚めていく青春漫画。
  • 「くーねるまるた」・・・高尾じんぐによるグルメ漫画。2012年より連載開始。ポルトガルから東京の大学院に留学中の女性・マルタが、お金を使わずに安上がりに料理・食事を楽しむ様子を描いている。
  • 「王様達のヴァイキング」・・・2013年に連載開始したさだやすによる漫画。孤独な天才ハッカーとエンジェル投資家がIT業界を舞台に「世界征服」を目指すというストーリー。
  • 「夕空のクライフイズム」・・・2014年に連載開始した手原和憲による高校サッカーを題材とした作品。往年のサッカー選手であり指導者のヨハン・クライフが標榜した「美しく勝利せよ、無様に勝利することを恥と思え」という思想に絡めたストーリー構成となっている。

隔週連載

  • 「とめはねっ!鈴里高校書道部」・・・2007年に週刊ヤングサンデーで連載開始した河合克敏による書道を題材とした青春漫画。武田双雲が書道監修を担当している。2010年にはNHKでテレビドラマ化された。
  • 「ちいさこべえ」・・・山本周五郎による同名時代小説を、現代に置き換えて望月ミネタロウがコミカライズした作品。日本人の持つ細やかな情の世界を描いている。
上京したてのあなたへ
アストミルコープが台湾籍人材の採用についてのご説明致します。台湾人の100人に一人が日本語を学習していると言われ、日本での就職に関しても興味を持っている方が多いです。台湾人 採用のことでしたら弊社までお気軽にご相談ください。
キッチンの戸棚の中、押入れの奥の方、倉庫の中などに食器が眠っていませんか?食器専門買取ライフでは岡山県内の出張買取対応します。